えん

c0312430_20342901.jpg


フルカスタマイズでお作りするオーダーブレスレット、ご好評をいただいています。


石と人との仲介は数え切れないほどさせていただいていますが、これまでにも石に呼ばれるようにして縁を結んでいかれる方を数多くみてきました。


先日は「ブレスレットはいらないと思っていたのになぜか急に気になって・・・」という方のご注文をお受けしたのですが、ご注文確定後すぐに石たちがばんばんエネルギーをあげだして、おおっ!と目を剥きました。


ご注文主の方もご自身を取り巻く気の変化をいちはやく感じた様子で、すぐさまそんな内容のメールをくださり、毎度のことですがそういうことを目の当たりにするたびに、石をはじめ目に見えない存在たちはこうやって常にサインを送ってきているんだな、と感じます。


お作りしたブレスレットはひとつひとつ丁寧に梱包し、使用した石の解説書をおつけしてお送りします。


解説書といってもいわゆる石の一般論的な解説ではなく(そういったものでしたら書籍なりいくらでも手に入れることができますから)、私がご提供するのは、実際にお客様にお渡しする石たちそのものの個人的(個的)な説明書です。


でも私が何をお伝えしようとも、まずは受け取ったご自身の感覚を最優先にしていただきたい。


私にはなにもわからないんです、と皆さんおっしゃるんですが、わからないのだと思い込んでいるだけなんです。ですからお手元に届いたら、ぜひ感性を開いてご自身の感覚で石を感じてみてください。


ご注文はいまのところ順番にお待たせすることなくすぐにお受けできますが、ひとつひとつに丁寧にあたっておりますので、今日発注して明日手元に欲しい!というようなご希望にはおこたえすることができません。


またたとえ同じ名前の石が在庫にあっても、合わないと思えば合うものが見つかるまで手を尽くして探すこともあるため、お待たせする場合もございます。


単純に利益のみを追求したらできることではないのですが、こればかりはこうするほかなく、というわけで完全に効率無視の利益度外視でやっております。


そんなことをご了承いただけるのであれば、よろこんでご相談お受けいたします。


確かなひとつをお届けいたします。


ご注文の方法はメールマガジンでご案内しておりますので、気になる方はぜひ下のリンクよりご参加くださいませ。






★瞑想会のお知らせ
自分にとってのよろこびとは?

★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど

★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。





# by pranaromana | 2018-02-16 23:52 | クリスタルヒーリング

白昼の瞑想

15日参り。早起きして氏神様でもある八幡さまにご挨拶に行ってきました。


2週間前に私を呼び止めた白梅は、すっかり花が進んでいました。


枝垂れたように垂れ下がる枝に顔を寄せて花の香りを楽しんでいたら、後ろでバサバサっと羽音がして振り向くと、なんと、鳩が降りてくるではないですか。


いやあ、八幡さまで鳩に会うなんてー!と感激しながらじっと見ていると、私の足元をちょこちょこと歩き回りながら、立ち去る気配がありません。それどころか、どんどん足元に近づいてきます。


そうなってくると私も嬉しくなってきて、じっと動きを止めてその場を楽しむことにしました。観察してみると、よく見る多くの鳩より色が薄くて青いというよりピンクがかった羽色をしています。


彼女の動きを目だけで追いながら、私は直感的にこの鳩はメスなんだと思いました。


こんなときいつも思い出すのが絵本「わたしとあそんで」なんですが、ご存知の方いらっしゃるかしら。


そんなふうにしばらくその場に立っていたら突然、青紫色のトーラスのようなビジョンがわーっと流れ込むように浮かんできて、私は瞑想状態に。


目を閉じたら倒れてしまいそうなので目を開けたまま、内から外へ、外から内へと溢れる噴水のように流れるトーラスの上に立っていました。


ドーナツ状のトーラスの輪の反対側には、私と同じ方向を向いて青紫色のローブの女性が立っています。


私の真横で私と同じ方向を向いているので、その存在は感じるけれどはっきりと姿が見えるわけではなく、わあ、きっと綺麗な人、姿が見たいなあ!と思ってそちらを見ると、なんと、その女性が立っている場所にいたのはさきほどの鳩でした。


両足をお腹の下にしまいこんで私と同じ方向を見ながら微動だにせず静かに座っていて、鳩があんな風に無防備な表情で地べたに座っているのを私ははじめて見ました。さっきまであんなにちょこまかと動き回っていたのに。


どれくらいの時間だったのか、まるで鳩と私、同じ空間でつながって一緒に瞑想をしていたかのようでした。


鳩は私が瞑想を終えるのをみるとまた立ち上がって、ちょこちょこと歩いては地面をつつき始めました。


私は浮かんできたキーワードを忘れないように頭にメモして、鳩が飛び去るのを待っていたのですが、鳩は私の肩近くの石垣に止まっていつまでたっても動きそうになく・・・


仕方がないので私の方から、お先に帰るね、と鳩の前を通って歩き出しました。


鳩に見送られながら歩き出して間もなく、後ろでバサバサっと音がしました。


振り向くと、鳩もどこかへ飛んでいくところでした。


いままでそんな風にあの場所で鳩にあったことがなかったので次回も会えるのかわかりませんが、梅の木の精霊がみせてくれたのでしょうか。


面白い体験でした。


c0312430_22502964.jpg



★瞑想会のお知らせ
自分にとってのよろこびとは?

★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど

★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。




# by pranaromana | 2018-02-15 23:40 | セラピストライフ

上へ

道が塞がれて前にも後ろにも進めない!というときは、焦らずもう観念して上へ。


斜めもあいています。


c0312430_00344219.jpg




★瞑想会のお知らせ
自分にとってのよろこびとは?

★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど

★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。


# by pranaromana | 2018-02-06 23:59 | ひとりごと

特別な場所

c0312430_22450599.jpg


三浦半島の名勝、盗人岬へ。


吹き付ける風と断崖絶壁の岩と地層と波しぶき。


地球の息吹とその歴史を身近に感じることのできる、大好きな場所です。


c0312430_22450432.jpg


釣りの名所らしいけれど、岩場はいきなりがくんと落ち窪んでいて、このあたりの水深は15メートルほどだそう。突発的な高波が起きやすいところでも知られていて、ライフジャケットなしで釣りをするのは危険そうです。


しかしご覧の通り・・・あいかわらずゾクゾクするほどの青の色です。


満潮ともなるとこんなに近づいて写真を撮ることは、とてもじゃないけどできなくなります。


c0312430_21341523.jpg


風はビュービュー吹き付けるし、波は岩場のいたるところで打ち付けているし、ここでは普通の声量での会話はほぼ成り立ちません。


物理レベルではものすごい音がぶつかり合っているはずなのに、同時に圧倒的な静けさも感じます。


ただその場に座って呼吸をしているだけでこの場に意識が融けていつまでもいてしまいそう、そんな気持ちにもさせる場所です。


パートナーとわかれ、それぞれの時間をしばらく思い思いに過ごしました。


引いては押し寄せ、揺れ踊る波としぶきと水の流れをただじっと眺めていたら、なんだか自然に身体が左右に動き出し、無性に踊りたくなって私も気持ちよく波と一緒にひとしきり波の踊りをしました。


そういう普段の自分ではやりそうもないようなことが、何のてらいもなくできてしまうような「頭が外れる」感覚。とても不思議な場所です。


c0312430_21350492.jpg


斜めになった地層。何万年もの時間をかけて、この地にじっくりと堆積していった堆積物が作った天然の縞々模様。


フィリピン海プレートと太平洋プレートにおされ、日本列島がぐぐーんと圧を受けた時に隆起したのでは、と勝手に想像。


c0312430_21352530.jpg


ここまでくると風も波も穏やかに静かになります。


中央に青く見えているのは伊豆大島、三原山。


c0312430_21354035.jpg

鳶を呼ぶ



道中のラジオでは「立春ですが春とは名ばかりの寒さで・・・」と番組が変わるたびにナビゲーターが挨拶がわりに言っていました。


たしかに地上のレベルで話をすれば、まだまだこの先も寒い日が続きます。


でも目線を上げて空を見上げてみれば、私たちの上に降り注ぐ太陽が確実にその熱量を増して光の色を変え始めているのを、はっきりと感じることができます。


節分を境に暦だけでなく、すべてがまた大きく動いています。


私もまたひとつ節目を迎え、この先に向けての宣言を行いました。




★瞑想会のお知らせ
自分にとってのよろこびとは?

★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど


★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。

# by pranaromana | 2018-02-04 23:20 | セラピストライフ

実験中

ただいま自分自身の幾何学にアクセスするということをテーマに、様々なワークを実験中です。


生命の根源、宇宙の神秘、これほどまでに私が数字に惹かれるわけも。


シェアができるほどにまとまったらお話しさせてください。


c0312430_17380717.jpg




★瞑想会のお知らせ
自分にとってのよろこびとは?

★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど


★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。






# by pranaromana | 2018-02-02 23:58 | セラピストライフ

耳に聞こえない呼びかけ

ゆうべの晴天が嘘のように、横浜は冷たいみぞれまじりの雨が降っています。


たとえ同じ気温でも、お天気次第で体感気温がまったく違いますね。


今日は明け方、まだ仄暗い時間にふと目が覚めました。


普段なら絶対目を覚ますはずがない時間なんだけどな。


不思議に思いながら薄暗い部屋の中からなにげなく窓を見ると、レースのカーテン越しに大きくてまるくて黄色い月がこちらを見ていて思わず呟きました。


なんだ、月に起こされたのか。


おお、さむっ・・・二度寝、二度寝!と思ったのも束の間で、不思議ともう眠くないし、たまには早起きしよ、と思ってそのまま起床。


せっかくなので朝の気のいいうちにと、氏神様に ついたちまいり に出かけました。


歩き出した頃には凍えるほどでしたがすぐに汗ばむほどになり、途中から手袋も外して、両手を振って、本気のウォーキングさながらの様子で歩いて行きました。


すっかりいい気分でお詣りを済ませて帰ろうと歩き出したら、ぽとり! 空から大粒のしずくが落ちてきました。


わ! なに?


びっくりして上を見上げると、空ではなく大きくこちら側に張り出した屋根のかどから、ぽとりぽとりと水がたれてくるところでした。


雨でもないのに、と不思議に思って立ち止まると、しずくを落とした張り出しのすぐ下にある、若い梅の木に目が止まりました。あれー、こんなところに梅の木があったんだっけ。


しかしよく見ると、細い枝にはぷちぷちと見落としそうな小さな蕾がついていて、その中に一輪、今朝方やっと開き始めたばかりという様子のまだ眠たげなかわいこちゃんが!


おおお、呼び止めてくれてありがとう。


c0312430_19265800.jpg

可愛い姿をおすそわけ


梅の花が咲き始めると、いよいよだなあって気持ちになりますね。


今度の日曜日2月4日には、長かった冬土用が明けて立春を迎えます。


私の体内時計も今後上がりくる陽の気に合わせて最後の調整に入っている様子で、ここ数日は感情面やら肉体面やら、ありとあらゆるいろんなものが放出されて大忙しです。あと数日の仕上げのラストスパート、丁寧に過ごそうと思います。


不安定で寒い日が続きますが、皆さまもどうぞ身体を芯から温めて、移り変わる気の流れに備えてくださいませ。




★瞑想会のお知らせ
自分にとってのよろこびとは?

★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど


★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。


# by pranaromana | 2018-02-01 23:56 | セラピストライフ

空に浮かんだスーパーボール

皆既月食、雲ひとつない晴天で綺麗に見ることができました。


地球と月、実際の大きさは全く違うのに、時間と距離を超えてぴたりと同じ大きさに重なる奇跡。寒さと首が痛くなるのも忘れ、夢中になって観測しました。


完全に地球の影に入った月は、まるで空に浮かんだスーパーボール。


初めて見る褐色の月は、びっくりするほど立体的で、あらためて月は球体なんだなあと、当たり前なのだけどそう思いました。


c0312430_23455603.jpg

最近また読み返しています。


もうなんどもなんども熟読したはずなのに、読むたび新しい発見があって驚かされます。




★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど


★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。







# by pranaromana | 2018-01-31 23:40 | セラピストライフ

キャンペーン終了します

c0312430_00235662.jpg
キャンペーン価格でご紹介していた パーソナルインタビュー 。明日1月31日を持って募集を終了いたします。


なんか興味あるわー、と見ていてくださった方、明日がラストチャンスです。


「いまがそのとき」ならぜひお会いしましょう。


・お申し込み・お問い合わせは


★ ★ 関連リンク ★ ★

・パーソナルインタビューについて


・ビジョナリーソーツについて


・いただいたご感想




★瞑想会のお知らせ
自分にとってのよろこびとは?

★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど


★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。


# by pranaromana | 2018-01-30 23:56 | メニューについて

純粋な好奇心

こうやって考えてみると、私を前に動かしているもの、それはやっぱり純粋な好奇心なんだと思う。


いつだってなにか面白いことを思いついた時は、実際に試してみたくてうずうずしているし。


それが成し遂げられるかどうかは問題ではなくて、とにかくなにかのきっかけでいまあるものがどう変わっていくのか、そこにとても興味がある(つまり過程を楽しむことができれば結果はあまり意味を持たなかったりする)。


自分の中でひとつの仮説ができあがったときは、ほんとうにそれがうまくいくのか試してみたくてまたうずうずしてしまう。


経験値も多少なりとも上がって知恵もついて、無邪気さの代わりに思慮深さを手に入れたような気はするものの、私の基本スタンスはいまでもまったく変わっていない(と思う)。


私にとって生きるということは、それ自体が大きな実験なんだと、今日ふたたびつくづくと。



c0312430_15552527.jpg

# by pranaromana | 2018-01-29 23:21 | ひとりごと

豊かで満たされた時間

昔から人からよくご馳走してもらうことが多かったのですが、このところとみにその機会が増えています。


親しい友人に知る人ぞ知る有能な器楽、じゃなかった 気学鑑定士 がいるのですが、彼女の鑑定によると私には 食神 がついていて、このタイプの人は食べることに不自由しないんだとか。


そのおかげかしら。


それとも私、そんなにひもじそうに見えるのかしらん。


でも最初はやっぱり人にお金を出してもらったり、よくしてもらうのもすごく居心地が悪くて、なにかで返さなきゃ、なにで返そうか、じゃあ今度会った時は忘れずに私がお支払いしよう、とか、とにかくお返しのことばかり考えていました。


だから「どうせご馳走してくれるのならこんなところじゃなく5万円くらいのフレンチコースがいいので結構です」などと言って笑ってもらったり、本気にとられてヒンシュクを買ったりしていたんだけど、ある日、あー、こういうやりとりもうたくさんだ!と思って全部やめました。


たとえ私がひもじそうに見えているのだとしても、私と美味しいご飯を一緒に食べたいと思ってくれる人の好意は、ありがたく手放しで受け取るようにしています。


嬉しいです、ごちそうさま!と言って。


そうしたらもうね、そうやっていただくご飯がほんとうに美味しいんですよ。


遠慮も負い目もなく、両手放しで余すところなく受け取るってとても気持ちがいいし、なによりそうして気持ちよく受け取ると、お相手も喜んでくれます。


かわりにいただいた好意は別の形で、もしくは別のところで別のどなたかに向けて循環させることにしています。


私が誰かにご飯をご馳走してもらったことや、よくしてもらったことが、違う形で別の誰かに還元されて、そしてそれを受け取った人がまたどこかでそれを回して、それがどんどん循環して広がっていったら・・・と思うと、それだけで気持ちが豊かに膨らんでいきます。


こういう心地いいエネルギーのサイクルを作れる人間関係を持てるようになったのも、勇気を持って、よろこびでつながる関係性を築く方向へ人生をシフトしたからだなあって思います。


なかなか人の好意を受け取れないときというのは、自分で自分の存在価値に素直になれないときなのかもしれません。


でも相手が純粋にそうしたいと思って差し伸べてくれる手を躊躇しないでしっかり握りしめることができたら、そこで弾けて広がる温かなエネルギーをお互いが共有することができるんですね。


そんな風に過ごす時間はほんとうに豊かで満たされた時間です。


c0312430_00001241.jpg




★瞑想会のお知らせ
自分にとってのよろこびとは?

★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど


★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。


★パーソナルインタビュー ←終了間近!
お仕事の現場にお邪魔して取材し、記事を書き、全編8ページの小冊子に仕上げます。
ありきたりのPRツールじゃ伝えきれないという方、もっと伝えたいことがある!という方へ。
1月末日まで期間限定でキャンペーン中
詳しくはこちらへ。



# by pranaromana | 2018-01-28 23:51 | ひとりごと

苦痛かよろこびか

先日渾身捨て身でアップした「わたしの吐露話」。



ご反響、嬉しく受け止めております。


よくわかる、私にも似たところあるから読んでてドキドキした、というお声もいただきました。


実は反発は承知で申し上げるのですが、私といずれかでもご縁のある方は(まったくの偶然で今日このブログにたどり着いてしまったあなたも含め)ほぼ身に覚えがあるか、なんとなくでもご理解いただけるのではないかしら、と内心思っております。


ひとつだけ補足させてくださいませ。


あのお話は「悪いお手本」ではありません。だからもし身に覚えがあったとしても「こうなっちゃいけないんだ・・・」と思わないでください。


こうなっちゃだめなんだ、と自分を責めるのは、ひとつの思考のパターン、クセのようなものです。


代わりに「そうしなくてはならない自分の奥底にある気持ちにフォーカスする」方が建設的ですからぜひ。


感じていただきたいポイントは、そこに よろこび があるか、です。


よろこび という言葉がわかりづらければ、柔らかな気持ち、分かち合う気持ち、明るく軽やかな方へ向かう、という気持ちが一緒にあるかどうかです。


当時の私のありかたは、自分の価値を人に決めてもらう、というありかたでした。


よろこび が、分かち合える気持ちなら、こちらは「いただきたい」「もらいたい」もっと強くいうと、「勝ち取りたい!」というような気持ちに似ています。


ゴールの設定や評価を目標にすることに意味がない、と言っているのではないのです。


どんなに自分に厳しく、高い目標に必死に食らいついていたとしても、繰り返しますが、感じていただきたいポイントは、そこに達成するよろこびがあるか、なんです。


こうしなければ◯◯してもらえない


◯◯してもらえない=
  • 愛してもらえない
  • 認めてもらえない
  • 評価してもらえない
  • 褒めてもらえない

など、人からなにかもらうことを求める行動は よろこび からくる行動とは真逆のエネルギーに満ちています。


人に自分の価値を決めてもらうという生き方をしていれば、評価がもらえなければ自分はゼロと同じです。こんなおそろしいことはありません。


よろこびを伴う行動は、自分だけでなくまわりも巻き込んでその場にあたたかな調和を作ります。



c0312430_13440129.jpg


★瞑想会のお知らせ
自分にとってのよろこびとは?

★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど


★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。


★パーソナルインタビュー ←終了間近!
お仕事の現場にお邪魔して取材し、記事を書き、全編8ページの小冊子に仕上げます。
ありきたりのPRツールじゃ伝えきれないという方、もっと伝えたいことがある!という方へ。
1月末日まで期間限定でキャンペーン中
詳しくはこちらへ。




# by pranaromana | 2018-01-27 23:43 | ひとりごと

人生を変えたかったら

先日、予約していた本が準備できましたよと図書館から連絡があったので、受け取りに行きました。


ついでになにかないかなーとひとまわりしながら、ライフスタイル 生活 と書かれた棚の前であることに気づきました。


「人生をかえるには◯◯するといい」とか
「◯◯で人生が劇的に変わる!」とか。


なぜかやたらと 人生が変わる ということをタイトルで強調した本が目立つということです。


内容自体は、普段とは違った服を着てみる、とか髪型を変えてみる、とか、上等のスーツを来てみる、とか、そんな感じなんですが、人生が変わるといわれるとそこにだいぶ違ったニュアンスが加わりますね。


この人生が変わるってフレーズ、見る人の奥底をくすぐってどことなくワクワクさせるというか、何か起きるかもしれないと期待させるような絶妙なニュアンスを持っています。


  • あなたの人生を変える5つの生活習慣
  • 人生を変えるために揃えるべきたった5つのクリスタル
  • 人生を劇的に変化させる5種類のアロマとは


いま適当に思いついて書いてみたけど、こう言われると不思議とどこかあおられるような気持ちになりませんか。


出版社がこぞって書籍のタイトルに使うように、人生を変えるというキーワードは 刺さる のだと思います。


その裏には、変わるものなら変わりたい、変えてみたい、変えなければ!という、読者の潜在的欲求があるような気がします。


と同時に、私にはそれだけ多くの人が、常に心の奥底で 現状とは違ったなにか を求めて暮らしている裏返しだという風に思えてなりません。


なにかが違う気もするけどなにが違うのかわからない。このモヤモヤした疑問に対する答えが、きっとどこかにあるような気がして、つい「人生が変わる」と言われるとドキっとしてしまう。


でも、誰かに答えを求めなくても、自分の疑問に対する答えは自分でちゃんと見つけることができます。


新しいスーツやクローゼット、髪型が見せてくれる新しい人生もきっと素晴らしいでしょう。これまで着たことのない服を着た自分、新しい髪型の自分との出会いは、またあらたな可能性への扉になるかもしれません。


でもそれは、これまでずっと身体の奥底で潜在的に追い求めてきたものとはまったく別の次元のものだと思うんです。


人生を変えたいと思ったら、まずはほかの誰でもない自分を知ることからはじめてみませんか。

c0312430_17035144.jpg

瞑想会開催します。





★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど


★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。


★パーソナルインタビュー ←終了間近!
お仕事の現場にお邪魔して取材し、記事を書き、全編8ページの小冊子に仕上げます。
ありきたりのPRツールじゃ伝えきれないという方、もっと伝えたいことがある!という方へ。
1月末日まで期間限定でキャンペーン中
詳しくはこちらへ。




# by pranaromana | 2018-01-26 20:33 | ひとりごと

天然石のブレスレットお作りします

オーダーブレスレットの作成を再開いたします。


ご希望をお伺いしてリーディングを行い、オーダーメイドで天然石のブレスレットをお作りします。


お値段は使う石によって変わりますため、石の産地と種類を明確にした後、お値段にご納得いただいてからお作りいたします。


ご希望の方はお問い合わせください。



c0312430_19554179.jpg




★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど


★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。


★パーソナルインタビュー ←終了間近!
お仕事の現場にお邪魔して取材し、記事を書き、全編8ページの小冊子に仕上げます。
ありきたりのPRツールじゃ伝えきれないという方、もっと伝えたいことがある!という方へ。
1月末日まで期間限定でキャンペーン中
詳しくはこちらへ。





# by pranaromana | 2018-01-26 09:00 | メニューについて

わたしの吐露話

今日は突然思いついて、自分の話をします。


誰かの得になるどころか、むしろ自分語りなんかしちゃって、過去を晒しちゃって恥をかくのは私なんですが、私の中のなにかが「いっとけ、いっとけ!」とニヤニヤしながら騒ぐので、このまま進むことにします。


そしてそういうときは、やっぱりお話ししてよかったな、と思うことがちゃんとのちのち起きるってことも経験上知っておりますので、ハラをくくりまして。


では。 あ、おそらくいつも以上に長くなりますのでご覚悟くださいませ。


私がこの道に進んで来たのは、バイクで大怪我して死に損なったから。そして怪我で変わってしまった自分の身体をどうにかしたくてボディケアセラピストになった、というお話はここでもなんどもしている通りですが、これからお話しするのはそれ以前の私の話です。


いつもカリカリイライラしていて、喧嘩っ早くて、同僚や取引会社のスタッフにまで正論に名を借りた心のない言葉を浴びせて、まわりがどんなに忙しくてもランチはいつでもきっちり1時間休んで、自分の仕事さえ終わればちゃっちゃと帰っちゃうような会社員時代の私の話です。


そうなんです、私もすーっかり忘れていましたが、まあそこそこめんどくさいカンジのサラリーマンだったんですね。


当時の私には自分で決めた法則や決まり、フォーマットが山ほどありまして、そのうちのひとつが「自分が好き勝手をやるために、他人に迷惑をかけてはならない」ということでした。


そもそも組織の中で協調性を欠いているという時点でもうすでに大迷惑なんですが、当時はとにかく「やることさえきちっとやってれば文句はないでしょ」という思い込みがあったので、人に指摘される恐れのあることは片っ端から潰して暮らしていました。


特に他人に指摘されることはなにより嫌だったので「間違い」なんかはぜーーーったいにおかすわけにはいかず、常に「正解」を求めていました。


自分の中の「いい」と「悪い」の区別は常にクリスタルクリアー、はっきりと明確になっていました。


仕事のことでなにか聞かれて言い淀んではタイヘンなので(指摘されちゃうから!)、常に資料は2重3重に用意して自分の正当性を証明できるように理論武装して盤石の構えで備えていました。


常に上には上があると意識して、自分なんかまだまだ未熟だ、と自分に言い聞かせることも忘れませんでした。


そしてこの盤石の構えが要求されたのは、なにも会社の中だけではありませんでした。


例えば駅の改札で切符を買うとき、銀行ATMを操作するとき、スターバックスでコーヒーを買うとき、列の後ろの人たちに迷惑をかけることのないように常に細心の注意を払っていました。


あ、新しいメニュー出た!試してみたいけど生ハムしょっぱいのは苦手なんだよね・・・ちょっとそのへん聞いてみたいけど、こんな混んだ店内でそんな会話してたらモッサいやつだと思われちゃう、スマートにさっさと買って次の人を待たせないようにしなくちゃ!


このときはそれが「いいこと」だと思っていたので、常に気を張って緊張をしている意識も、無理をしている自覚もありませんでした。


例えほんとは食べたかったホカホカのフードメニューをショーケースの冷たいサンドイッチで諦めることになったとしても、流れに乗ってテンポよく、誰にも迷惑をかけずにスマートに買い物することの方が重要課題。


むしろそんなときにモタモタしてしまうことの方が、当時の私にとってはストレスでした。


でもね、実は私はだいぶ無理をしてそのスマートをよそおっていました。だってその証拠に、私は他人がモタモタしているのが許せなかったんですもの。


自然体でやっていることなら人のすることなんか気にならないはず。ハラが立つということは、つまり自分が無理して頑張っているんだから他人だってそうすべきだと思っているからです。


私がこんなに頑張って後続の人のために急いであげてるのに、あんただけがのんびり買い物してるんじゃないわよ、キーッ!


聞かれたらモタモタしてないでさっさと答えなさいよ、私なんてそのためにいつも万全に資料を揃えて準備してるのよ、キーッ!


切符の料金くらい並んでる間に調べときなさいよ、私なんてお釣りがないようにきっちり用意して待ってんのよ、キーッ!



てな具合に。


誰も頼んでないのにね、もう、自分で言ってて笑けてくる、そして泣けてきます。


でも何が悲しいっていちばん切ないのは、ここに並べた心の叫びに私自身が気づいていなかったということです。


心の叫びはつまり裏返したら、こんなに頑張ってる私、優等生をやってる私、つらいよー、誰か認めてよー、褒めてよー!えーん!ってことです。


しかしそんなことに気づくはずもなく、なんて能力の低い社員ばかりのつまらない会社なんだ、なんてトロっくさい客ばかりなんだこの店は、と、毎日ハラを立てては過ごしていました(表向きは穏やかな笑顔で)。


いまこうして私がブログやなんかで「他人に対して感情が動くときは、自分の内側に気づくチャンス」って言っているのは、こうした過去の笑えない経験があるからなんです。


当時の私はシステマチックに多くを生産し、先を見越し無駄なく効率よく動くことにこそ、生きている価値があるのだと信じていました。


だからテンポよく動けない人その場の流れを察することのできない人愛想よく振る舞えない人他人とのコミュニケーションのうまく取れない人が大嫌いでした。


そして自分の作り上げた「正解」の枠に、必死で自分をはめ込もうと努力したんですね。まるで進んでキンタロウアメになろうとしてたみたいです。


そういうのを一番嫌いだと思っていたのに、やってることが逆方向だったというのが、なんともまあ笑えないんですけど。


しかしもともとそんな風に型にはまるようなタマじゃないので、できないこともたくさんあるんです、というかできないことの方が多いんです、あたりまえです。


そうなるとできない自分を責めて自分に苛立つ、そして私と同じように苦しもうとしないまわりにも苛立つ、という・・・そんなふうにして、自分にも他人にもぎっちぎちに窮屈な生活をしてたら、ある日あのような大きな事故に遭いました。


もう限界だよ、そっちじゃないよ、いい加減目を覚ましなよ! って軌道修正がかかるようにして。


肉体的には非常に大きなダメージを被ることになったし、いろんな人に迷惑をかけましたが、多くの理解と協力のもと何の不自由もなく療養生活を満喫し(ちゃんと機能回復するかわからないのに私は入院&リハビリ生活をめちゃくちゃ楽しみました)、お金も保険で賄えたし、なんとか無事に社会復帰をするまで回復しました。


あれほど人に迷惑をかけまいかけまいと窮屈にしていた私が、1年以上続いた入院と通院であれほどまわりに大迷惑をかけまくることになるなんて。なんとも皮肉なものです。


でも迷惑をかけてみてわかったことは、みんなほんとうに温かく私によくしてくれたということでした。


たくさんの人が私を励まそうと知恵を絞って様々なイベントを企画してくれたし、私がこんなに頑張ってるのにあんただけひとりで休んでキーッ!なんて言ってくる人は誰一人いませんでした。


そんな私の思い出ももうすっかりアップデートされ、過去の自分の姿も忘却のかなたに追いやっていたのですが、数日前のあることをきっかけに、それらの思い出がまたふたたびよみがえってきました。


c0312430_11261147.jpg


あらためていまの視点で当時の自分を振り返ってみると、ほんと、信じられないようなことをしていましたね。ようやってたわー私、ね。崩壊寸前だったんですね。


でもいま過去の私が目の前にいたとしても、どうだろうなあ。やっぱり遠目で目を細めて眺めるほかないんじゃないかと思います。


仮にどうにか気づいてもらおうと話しかけたところで、きっと「うわ、なにこのおばさんヤバイ・・・」って聞き流されてたでしょうね。この私のことだから。


結局のところ、自分自身のタイミングで自分の力で目を覚ますしかないということだと思うんです。ただちょっとしたきっかけがあれば、自分で気づくことができたのかもしれません。


さて、ここまでたどり着いたみなさま、長々とお付き合いくださりありがとうございました。お話は以上でございます。


でもせっかくなので、ここまでおつきあいくださった方に、ちょっと投げかけてみたいな。


あのですね、いまこれを読みながら「これ、私かも・・・?」と思った方はいらっしゃるでしょうか。もしいたら、これを読んでどう感じたか、ちょっと座って考えてみてください。


こういうひと職場にいるいる!これ、その人にそのまま読ませたい!」って思った方は?


座り直して聞いてくださいね。もしかしたら、あなた自身が私の仲間なのかもしれません。


なぜって自分の中にあるものを、ひとは他人の中にもみるからです。


言い換えれば、自分の中にあるものこそ、よりクリアに見えるっていうことです。


c0312430_11055128.jpg

鏡だから。




★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど


★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。


★パーソナルインタビュー ←終了間近!
お仕事の現場にお邪魔して取材し、記事を書き、全編8ページの小冊子に仕上げます。
ありきたりのPRツールじゃ伝えきれないという方、もっと伝えたいことがある!という方へ。
1月末日まで期間限定でキャンペーン中
詳しくはこちらへ。





# by pranaromana | 2018-01-25 17:06 | ひとりごと

好きなことはからかわれてもいいから好きと言おう

c0312430_20361171.jpg

気づけば横浜に暮らして20年以上!なんだかんだで早いものでした。


生まれも育ちも横浜の知人にそう話したら


もう、それって横浜出身だよね


と言われました。


確かに「江戸は三代暮らさないと江戸っ子にはなれないが、横浜は3日暮らしたら立派なハマっ子」という言葉もあるくらいなので(引っ越して来たときに役所の人が教えてくれました)私ももうそろそろ出身をうたっても怒られないかもしれません。


別に引っ越そうと思えば関東一円どこへでも移ることはできたはずなのに、ずっと変わらず住み続けているのは、やっぱりここが居心地がいいからにほかならないと思います。


ところである特定の地域に住む人を揶揄するフレーズのひとつに「横浜に住む人は自分の住む場所を決して神奈川とは言わずに横浜と言う」というものがあるようです。(似た例に「神戸に住む人は兵庫と言わず神戸という」っていうのも)


それを聞いて思わず笑ってしまいました。


だってほんとうにその通り! 私も住まいを聞かれたら「横浜です」って答えていました、ごく普通に。


でもね、別に神奈川がどう、とかじゃないんです。


ただ純粋に、自分が住んでる横浜という街が好きだから。


もうね、なんでもいいの、横浜って言いたいんです。


いいじゃん、横浜。だめなの?


こういうのがハタから見たら滑稽に見えるのか、からかいたくなるようですね。


都内に住む友人には、十把一絡げに「横浜の人ってさあ、こっちに出てこようとせずになんでも横浜で済まそうとするよねー」とも言われています。


きっとそういう人が私以外にもいるんだっていうことですね(笑)


横浜人が横浜を好きすぎて「横浜、横浜」というのを笑う人は、ご自分の住む街に不満があるのかな。


なければ自分も自分の街を好きと言えばいいし、もし仮に不満があるのだしても、それは横浜市民が横浜を好きなこととは関係のないことですよね。


私はどんなにからかわれても、好きなものは好きって言った方がいいって思います。


やりたいこともやりたいってどんどん言った方がいいと思います。


それに実は言う方だって、そんなに言うほどどうこう思ってないもんです。


他人がその場の思いつきでやいのやいの言うことに、心を小さくして閉じ込めているんだとしたら、ほんっとうにもったいないことだとおもいます。




★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど


★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。


★パーソナルインタビュー ←終了間近!
お仕事の現場にお邪魔して取材し、記事を書き、全編8ページの小冊子に仕上げます。
ありきたりのPRツールじゃ伝えきれないという方、もっと伝えたいことがある!という方へ。
1月末日まで期間限定でキャンペーン中
詳しくはこちらへ。





# by pranaromana | 2018-01-24 08:36 | ひとりごと

感情の取り扱いについて

セルフヒーリングのレクチャーメールの配信を開始してから2週間。


これまでにも様々な反応をいただいていますが、4日目の内容について、ある方からご質問をいただきました。


ご質問の主さまには直接メールでお答えしましたが、大事なことなのとあらたにメルマガを発行するより簡単なのでこちらでシェアします。


メールマガジンをお読みいただいていない方、レクチャーメールを受信いただいていない方にとっては、「なんのことですやら??」だとは思うのですが、内容自体は普遍的なものです。


いきなりお読みいただいても届く方には届くと信じております。


よろしければおつきあいください。


さて、というわけですすみますと、ご質問は「これらのワーク(※)をすることによって、感情に振り回される事がないようコントロールできるように変わるのですか?」というものでした。


(※)これらのワークとは、メールの中でご紹介した自分自身の内側を感じ切るというセルフヒーリングワークです。


結論を先にお話しします。


感情に振り回されることはなくなりますが、コントロールはできません。正しくは「コントロールしようとはしません」。


もしかしたらこれまで聞かされてきたことと真逆で戸惑うかもしれないですが、いちど頭をクリアにしてくださいませ。


インナージャーニーでは、感情はコントロールするものではありません。


私たちの内側に感情的残骸やしこりが残るということは、そこに未消化のものが残っているからです。


このワークの目的は、感情をコントロールすることではなく、それを客観的に観察し残骸を残さず感じ切ることです。


レクチャーメール本文でも書きましたが、感情は自然なものであって湧き上がって当然なんです。


イライラとか怒りとか、悲しみが湧き上がってくるのは、私たちが未熟なせいでも、わがままなせいでもありません。


怒りであれ喜びであれ、感情が湧き上がることはまったくもって恥ずかしいことじゃないんです。


だからどうか、ご自分から湧き上がってくる感情の波を悪者扱いしないでください。


自分の中のネガティブな感情を敵とみなして抑えつけようとしたり、なかったことにしようとするのではなく、この部分に逆に意識的になることで、その後の人生の質はまったく別のものになっていきます。


さらにもっと視点を高くして眺めると、この感情の湧き上がりこそ、自分の内側になにがあるか気づくチャンスでもあります。なぜなら感情的反応はひとつの窓として、私たちの内側の投射でもあるからです(この件についてはまた5本目と6本目のメールでさらに詳しくお話をします)。


自分の感情に客観的になることで、自分が長い間溜め込んできた過去の古いエネルギーの停滞を知り、その部分の癒しと解放に繋げていくことができます。


とりいそぎお知らせでした。

# by pranaromana | 2018-01-23 14:39

準備のための冬土用

c0312430_00065291.jpg


明日1月17日から2月4日の立春にむけて、暦はいよいよ冬の土用の期間に突入します。


この時期は光が溢れ、陽の気がますます盛んになる区切りの前の重要な時期です。今日はそんな重要な冬の土用とその過ごし方についてのお話をします。




土用とは

土用とは、1年に4回訪れる季節の節目「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前の18日間のことです。


土用といえば有名なのは夏の土用なのですが、実は年4回、毎年それぞれの季節の転換期前に訪れます。


昔の日本ではこの土用の時期はとても重要視されていました。


土用期間中に事業や新しいことをはじめることや、土木工事などの土を動かす作業、転居や新居を購入することはすべて禁忌(タブー)とみなされ、旅行や行事なども控えて動かずじっとすることが慣わしとなっていました。


季節の大きな節目ともなるこの時期は、なにかをおこしたり動き回るより身体を整えて養生せよという意味なのではないかな、と推測します。


心身が不安定なときには判断を誤りやすくなったり、事故が起きやすくなるから、じっとおとなしくしていなさい、ということでしょうか。


いずれにせよ、いまよりずっと季節の変化や自分たちの体内のバランスについて、敏感に暮らしていたのだということがいえると思います。


さて、土用とは正しくは土旺用事(どおうようじ)といって、この時期は「土」が特に旺(さかん)になるという意味があります。


この「土」とは東洋の古典思想の五行説(この世の森羅万象すべてのものを5つの要素、木・火・土・行・水の属性にあてはめて考える思想)の中の土の行をさし、「土がさかんになる」とは土の行の特性が強まるということを意味しています。



土の行の特徴

さて、では土の特性とはなんでしょうか。


ちょっとここで土をイメージしてみましょう。都会の生活ではなかなか土に触れることは少なくなってしまったと思いますが、肥沃(ひよく)な畑の土を思い出してみてください。


c0312430_23393946.jpg



土の象徴としては、母なる大地に象徴されるように、揺るがないこと、包容すること、受容すること、慈しむこと、種を受容しエネルギーを与え新たなものへ転化させていくこと、などがあります。


そして適度な湿り気も重要です。乾いてかちかちになった土には、種子を受け取り育む余裕はちょっとないですよね。


東洋医学の考え方だと、この五行は私たちの身体の機能や精神活動にも属性を持っています。


土の管轄する身体の機能は消化器系の働き思考活動。


土のはたらきは身体のこれらの活動に相互的に影響を与えるとされています。


皆さんにも考えすぎて胃が痛くなったりお腹を壊したりした経験はありませんか?


悩み事をかかえて食欲をなくしたことはありませんか?


さらに胃腸は食物を受諾するという働きのほかに、ものごとを受け取り理解する、という働きとも関係しています。


どうしても納得できないことを「腑に落ちない」と言ったりしますが、この「腑」とは内臓のことをしめしているのです。日本語はよくできているなあ、と感心しますね。


思考はなにも頭だけの働きではなく、私たちは内臓で受け取り身体の様々なところで反応をしているのです。


さて、ではこの土の特性を踏まえて、この土用の期間になぜ体調を整える必要があるのかご説明しますね。


特に私はこの冬土用を四季の土用の中でもだいぶ特別視していまして、理由は立春を界に陽の気がさらに勢いを増してくるからです。立春は太陽の力が陰を極める冬至からみて、最初に訪れる大きな区切りのイベントです。


とはいえまだ太陽は陽の気を帯び始めたばかり。陰のエネルギーの力の方がまだ強いため、この季節の陽の気は上昇するためのパワーがとても強いんです。言うなればギアをローに入れてぐん!と上がるイメージ。


いままで穏やかな陰の気に満ちていたところに大きな別の力が加わると、そこに大きなエネルギーのアンバランスが生じます。それが春先の鬱っぽさやほてり、頭痛を引き起こす原因となったり、自然界では雨が降りやすくなったり風が強く吹いたりするようになります。


その大きな節目に向けて心身健やかに備えるために、立春の前の18日間はとても重要なのです。




心身を整え準備をする

外界の陽の気に体内がついていけないことで起こる体調不良は、体内に陽の気を蓄えることで補うことができます。


具体的にはまず、土の管轄でもある胃腸を整えること。さらに冬の間に頑張って働いてくれた腎気を補って、身体を温めて過ごします。よく食べよく眠り、やりたいことだけをやってしっかり体力を蓄えます。


「土用なんて知ったことですか。私はいまこそ動く準備が整ったのです!」という方は、ご自身のタイミングでどんどん進んでいいと思います。チャンスはひとりひとり訪れるタイミングがあるのですから、ぜひその機会を生かしていただきたいと思います。


でもそうでないのなら、いまはどちらかといえば心身を調整して準備を整えるとき。


土のエネルギーが旺盛になっているこの時期こそ、これまでコツコツと積み重ねてきたことをじっくりと熟成させ、新しいエネルギーへと転化させるのに最適な時期といえるでしょう。


私も自分の肉体と内側にフォーカスし、ますます勢いを増して上昇する陽のエネルギーにするんと乗っていけるように備えつつ、母なる大地のようにどっしりと構えて過ごしたいと思います。




★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど


★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。


★パーソナルインタビュー ←終了間近!
お仕事の現場にお邪魔して取材し、記事を書き、全編8ページの小冊子に仕上げます。
ありきたりのPRツールじゃ伝えきれないという方、もっと伝えたいことがある!という方へ。
1月末日まで期間限定でキャンペーン中
詳しくはこちらへ。






# by pranaromana | 2018-01-16 12:34 | 四季と暦

アファメーション

これまでプラーナロマーナでアロマを使ったプロダクトをお買い求めいただいた方向けに、セルフヒーリング(インナージャーニー)のメールレクチャーが始まりました。


メールは7部構成で2日おきに届きます。


それぞれのテーマごとに香りとともに行うセルフヒーリングのエクササイズが用意されており、メールの内容に沿ってご自身でワークできるようになっています。


癒しとは変容することであり、そしてその癒しが発動するためには意思と行動の力が不可欠です。


変容を心に決めたら、言霊に乗せて自分自身に宣言します。


c0312430_23045191.jpg

決める。


まずそれをしなければ何も始まらないのですが、決めればそれだけでエネルギーは動き始めます。


あとは、自分の肉体を使って行動を始めるだけです。



★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど


★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。


★パーソナルインタビュー ←終了間近!
お仕事の現場にお邪魔して取材し、記事を書き、全編8ページの小冊子に仕上げます。
ありきたりのPRツールじゃ伝えきれないという方、もっと伝えたいことがある!という方へ。
1月末日まで期間限定でキャンペーン中
詳しくはこちらへ。



# by pranaromana | 2018-01-14 23:35 | メニューについて

突然の冷えにご注意を

c0312430_23532574.jpg

先週のはじめ、朝起きたら突然、何の前触れもなく、左側の股関節がまったく動かせなくなっていました。


正しくは「動かない」というより「痛みでどうにも動かすことができない」ということなんですが、いやあ、驚きました。じっとしているほかないんです、どう動いても痛いので。


スケジュールを確認すると、5日以内に治せばなんとかなりそう。休暇中で助かりました。


幸いなことに私はエネルギーワーカーであると同時にボディセラピストでもあるので、ある程度であれば自力で処置ができます。


触診でトラブルを起こしているであろう筋肉にアタリをつけて周辺のマニュピレーションを行い、同時にエネルギーワークも並行しながら、きっちりなか2日で、痛みも残さず完全もとどおりに復活いたしました。


いまとなってはどこがどう痛かったのか思い出せないほどですが、いやはや、しかし焦りました。


今回のケースでは、関節の屈曲・進展はもちろん、外旋・内旋、外転・内転すべての動作に制限がかかってしまったので、着替えや階段の上り下りはおろか、家の中ですらまともに歩くことすらできなくなってしまい、とても不自由でした。


特になにかしたかといわれて思い当たる原因といえば、その前日に長時間の移動で身体を冷やしてしまったくらい。


特別な原因や何の前触れもなく突然痛くなる、しかも痛みでまったく動くことができなくなる、冷やすとおこりやすい、というあたりが、ぎっくり腰の症状によく似ていますね。


冷えってほんとうにばかにできないんだとつくづく。


みなさまもどうか急な身体の冷えにはくれぐれもお気をつけくださいませ。

# by pranaromana | 2018-01-08 23:55 | セラピストライフ

無駄な失敗や遠回り

メルマガ読者の方への特典として、2018年スタートをサポートするためにお作りした5種類のセット。


たいへんご好評いただいています。ありがとうございます。


5つのセットのうち「自己実現と自己表現のためのアロマとクリスタルのセット」は発表からわずか3日で完売となりました。


今年はいよいよチャレンジ!と決めている方が、たくさんいらっしゃるのですね。


しかし実際ご相談をお受けしていると、こんなタイミングの方ばかりとは限りません。


むしろ一歩踏み出すと決めるのに、最後の一歩が踏み出せないでいる方の方が多いくらい。


今日はそんな方のために一言、応援メッセージを。


「やってみなけりゃわからない、ということは百も承知の上なんですが、やっぱりできたら無駄な失敗や遠回りはしたくないんです


そんな方はよくおっしゃいます。


やってみたとしてもうまくいくとは限らない、ということですよね。


さらにそこに第三者が関わっていたりすると、失敗して「それみたことか」といわれることへのプレッシャーが邪魔して、「失敗して笑われるよりは、やらない方がまし」とさらに足を重くさせる原因になります。


これ、ほんっっとーーーうによくわかるのですが、しかし、もうアホみたいに真正面から正論を言わせてもらえば、なにごとも、


やらなきゃはじまらない


わけであります。


さらにいえば、その時の失敗や遠回りの本当の意味は、ずっとあとになってみないとわからないこともとても多いのです。


実は・・・自慢じゃないですが、このわたくし、これまでの人生、あざだらけです。なんといいますか、もはや挫折が服着て歩いてるみたいなもんなんです、ほんとに。


しかしひとつひとつはもうギフトみたいなもので、あれはほかでもない私だったから笑顔で乗り越えることができたんだよなあ・・・ってひとりひそかに思っていることもいくつかあります。


だらこそ言わせていただくんですが、いくつもの挫折や失敗を経ていても、別に私は世間に笑われて生きてるわけでもないし、実際のところはとても幸せに暮らしています。


それどころか10代の頃から幾度となく挫折を乗り越えてきているせいか、仮に予期せぬことが起きてもどこかそれを客観的に楽しめるほどに心の筋肉はマッチョになりました。


あ、でもどうか誤解をしないでください。なにも「人生苦労してこそ!」みたいな美談をここで語ろうっていうのではないのです(私自身、苦労話は大の苦手です。人生ラクしていいじゃない、ラクのなにがいけないの?)


ただ、「そのときはうぅぅーって思ったけど、今となってはあのできごとがなければ今の私はここにこうしてはいなかったなあ、この出会いはなかったなあ、って思うことが、いくつもいくつもあるよ」ということをお伝えしたいんです。


渦中にいるときはもう勘弁(涙)・・・と思うようなことでも、すべて起きるべくして次のステップの橋渡しとなっていたと、これはもうね、実感として感じています。


そのときは辛くても、長い目で振り返ってみたら、それこそが大きなきっかけやチャンスになっているってこと。


とはいえ人それぞれ人生の課題もテーマも違うので、まったく同じように考えるのもナンセンスではあるのですが、少なくともこれだけは言えると思うんです。


結果を恐れず自ら動くことで、ものごとはどんどん展開していくということ。


誰のためでもなく、誰に見せるためでもなく、自分自身を正直に生きるために、自分の人生を豊かに発展させてゆくために。


決めて動く! シンプルながらこれこそが開運の極意ではないでしょうか。


ああああー、こっちじゃなかったー!って気づいたら、それこそが収穫。気づいた時点でとっとと撤収して、さっさと次の準備にとりかかればいいんです。


c0312430_13505474.jpg

今回ご紹介したセットは5種類もあるので迷われる方が多いようです。


迷われたらご相談くださればご提案はいたしますが、やはりピンとくるものを選ばれるのが一番。


今回ある方が「ブレンドの紹介文を読めば読むほどどれも欲しくなってしまったので、頭を使わないでおまけのクリスタルの色で決めました」とメールをくださいました。


その方はこれまで仕事一筋、第一線でバリバリやられてきたキャリアウーマンなのですが、お仕事の側面でも、日々の生活の中でも五感をフルスペックで使いこなしておられ、またその使い所もわきまえている方ならではの発想だなあと感心しました。


この「迷ったら頭で考えるのではなく、直観を信じて行動してみる」ということ。


マインドは確約が欲しいのでなかなかこういった雲を掴むような話で納得させるのは最初は難しいのでしょうが、日常のちょっとしたひらめきや直観を実行するということを地道に積み重ねていくと、直観に従って動くということの感性がどんどん磨かれていきます。


2018年スタートのサポートセット、以下が残りわずかです。


●ご自身の内側に光をあてる「Sense & Feeling(センス&フィーリング)」
●肉体を持つ喜びを味わう「Physical body(フィジカルボディ)」
●もうすでに役割を終えた思考や執着の手放し「Breathing out(ブリージングアウト)」
●ひらめきに力を与える「Inspiration(インスピレーション)」
自己の実現と表現のための「Activation(アクティベーション)」 ←完売となりました


それぞれにアロマストーンクリスタルブレンドアロマの使い方と付属クリスタルの解説書がついています。


今回はメルマガの読者の方のみにご案内している企画です。


新規の読者の方にももれなくご案内いたしますので、興味のある方はぜひメルマガをご登録くださいませ。




★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど


★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。


★パーソナルインタビュー
お仕事の現場にお邪魔して取材し、記事を書き、全編8ページの小冊子に仕上げます。
ありきたりのPRツールじゃ伝えきれないという方、もっと伝えたいことがある!という方へ。
来年1月まで期間限定でキャンペーン中
詳しくはこちらへ。


# by pranaromana | 2018-01-06 23:51 | ひとりごと