ひとりごと

マインドの錬金術

先日、ちょっとした事件があり、かなり久しぶりに自分の中に「怒り」を捉えました。

体内で生じた反応が怒りのエネルギーによるものだということに気づいた時、私はふとあることを思いつきそれを試してみようと思いました。

ちょうどそれは自動操縦的に感情の回路に繋がろうとするところでした。

このまま回路を繋いで怒りと一体化する代わりに、そのエネルギーをただ単純なエネルギーとして感じてみよう!

単純なエネルギー、名前すらもついていない単純な存在として。

私は目を開けたまま自分の内側に集中して、その存在が身体じゅうを駆け巡るのを観察しました。

それは最初お腹の中からボコッと湧き上がってから一気にぐっとせりあがって頭頂部まで達し、そのあとこんどは一気に足元までざざーーっと流れるように力強く動いていました。

気のエネルギーですから、津液(私の体内のあらゆる水分)も血液すらもともに引っ張って流そうとします。

そう、めちゃくちゃパワフルなんです!

私はその存在を感じ、動きを感じ、電気信号みたいにばちばちと火花を散らすような身体中の反応を捉えました。

自分の中を駆けるように動くそのエネルギーに私は感動し、同時にそのパワフルなエネルギーは私自身の強さだ、と感じ始めていました。

それはその存在が、私のパワーとして知覚され、私の強さに変容する瞬間・・・そう、これ、これぞまさに錬金術ではないですか!177.png

マインドのチカラってこういうときにこんな風に使うことができるんだ、と感動いたしました。

マインドは人生で起こることの多くを定義づけています。

感情に達し、これは怒りだ、と名前をつけた途端にそれは怒りとしての実質的なパワーを持つため、客観的な観察にはより冷静な視点が不可欠となります。

しかし内側で生じたエネルギーを単なる存在として感じるこの方法は、名前がつく前に観察することができます。

自分の中で押し込める前に、自分自身のパワーとして感じることができるんです。

しかも単なる発想の転換や一時的な誤魔化しとはそのレベルが異なるため、この体験によって何かを失ったり傷ついたりすることもありません。

なにそれ、面白そう、やってみたい!と思われた方、これ、ほんとうに面白いのでぜひぜひお試しください。

コツは肉体に出現したその瞬間、感情に繋がる前にしっかり捕まえること、それだけです。


c0312430_10205700.jpg

いろんな色の松ぼっくり。

幾何学的に規則正しく展開する造形は、見ていて飽きることがありません。



★メールマガジン
原則火曜日と金曜日の週2回お届け。ブログでは書かないこと、書きづらいことを含め、最新の情報をお知らせしています。

★プラーナロマーナウェブサイト
プロフィールやセッションなど


by pranaromana | 2018-04-27 22:36 | ひとりごと